ワイド馬券はどんな時に買えばよい?|競馬初心者のための馬券の買い方講座

ワイド馬券はどんな時に買えばよい?|競馬初心者のための馬券の買い方講座

ワイド馬券はどんな時に買えばよい?

前回の記事ではワイド馬券に否定的な事を書きましたが、
ではワイドという馬券は全く使えないのか?

 

そんなことはありません。

 

 

私が推奨するワイドの馬券が効果的と感じるケースをいくつか挙げてみます。

 

@ワイド1点!などの少数点勝負
Aあくまで勝負は馬連、押さえとしてワイドを購入

 

 

@ワイド1点!などの少数点勝負

 

例えば軸馬が完全に決まっていて、点数を絞って勝負したいときはワイド勝負もよいでしょうね。
また狙いたい穴馬がいて、馬券圏内確実な相手馬がいる、という場合もワイド勝負は可能かと思います。これなら1点勝負もできますし。

 

回収率300%あたりを目処にするとよいでしょう。

 

 

Aあくまで勝負は馬連、押さえとしてワイドを購入
自信がなくてワイドを購入する、というケースでは、馬連と併用するという手があります。
もちろん併用している人は多いかとおもいますが、ポイントは「馬連で大きく勝つ」という事。ワイドでこじんまり勝とうと思ってはいけません。例えワイドが当たって、1万円が1万5千円になったとしても、それだと3回に2回は勝たないとマイナスですから、そのあたりを意識する必要があります。

 

 

逆にワイドの馬券が駄目と思われるケースを挙げとくと

 

  • 狙いたい穴馬がいるけどあまり自信がないからワイドで・・
  • 相手が絞れない。もうワイドで多点書いしちゃえ・・

 

こういうのは絶対駄目ですね。大抵外れます。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ