穴馬狙い、馬連とワイドどっちを買うか・・

穴馬狙い、馬連とワイドどっちを買うか・・|競馬初心者のための馬券の買い方講座

穴馬狙い、馬連とワイドどっちを買うか・・

馬連にするかワイドにするか、これはよく悩む方も多いのではないでしょうか?

 

狙いたい穴馬がいるけど、2着に入る感じがしない・・。
でも3着ならイケそうな気がする・・。

 

こういうの結構多くないですか?特に微妙な穴馬を狙いたい時。。

 

しかし結局これって自信のなさの現れなんですよね。私の経験からすると、こういう考えの時は「馬連・ワイドどっちを買っても外れ」ます。

 

もし上記の様なケースでどっちか決めかねる時、私なら「買わない」を推奨します。

 

・・しかしそれでは、元も子もないので、、しいていうなら「馬連勝負」です。(もしどうしても負けたくない場合はワイドや複勝を小額抑えるのも一考)

 

まず前提として馬連の配当に対してワイドの配当は約3分の1。
では3倍当たりやすいかといえば、そんなことはありません。

 

上記の様なケースでワイドを購入したとして、狙った穴馬が3着に入るかもしれません。確かにこのとき馬連だと外れ。ワイドだと的中です。しかし、仮に馬連連帯圏(2着や1着)に来たらどうでしょう?得られる配当はワイドでは激減。3倍近い配当を逃したことになります。

 

あなたが毎週競馬をやってたとして狙った穴馬が馬券圏内に来るというレースが何回あるでしょうか?

 

その数少ないチャンスでは大きく勝たないといけないのです。でないと、長い目で見た収支はマイナスになってしまいます。

 

 

競馬ではその日その日の収支だけではなく、長期的な収支を考えて勝負していくことも大切です。逆にこれを意識することで年間回収率は格段に上がります。

 

 

ちなみに枠連という馬券もありますが、これは時代遅れの産物。
イマドキ枠連で勝負!という選択肢はありません。

 

 

枠連の大きなメリットは「保険」ですが、その分オッズは低い。そして枠連には「競争除外」というデメリットもあります。狙った馬がいる場合は馬連で勝負すべきです。ただし枠連と馬連の配当が逆転するというケースもあるので、そこは注意ですね。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ